男性の悩みの一つに顔の脂があります。

 

 

朝起きて洗顔したにもかかわらずお昼頃には

気になり出します。

 

 

化粧をしている女性には見られず、男性特有の

悩みのようです。

 

 

季節にもよりますが、ギトギトして

くるんですよね…。

 

 

しかも、気にし始めるとさらに

症状が悪化するような気がします。

 

 

それは、男性ホルモンが原因に

なってるからです。

 

 

 

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが

酵素に作用し、変化することで毛乳頭の

レセプターが反応して皮脂が分泌されます。

 

 

個人差はありますが、感度が高い人はより

多くの皮脂が分泌されるので気になります。

 

 

皮脂が出る原因の一つに水分量があります。

 

 

 

皮脂は肌の水分が蒸発しないように

保護するためのものです。

 

 

肌が乾燥すると皮脂を分泌して肌を

守ろうとします。

 

 

だから正しい保湿を行うことが、

顔の脂を抑える鍵となります。

 

 

まずは余分な皮脂を洗顔で取り除きます。

 

 

直接顔をこするのではなく、泡を

こするようにして洗顔します。

 

 

そして肌が潤っている状態にするため

化粧水を使います。

 

 

そして最後に乳液を使って肌を

コーティングして水分が

飛ばないようにします。

 

 

このようにして皮脂を分泌する

必要がない状態にすることが重要です。

 

 

ひとつ注意してほしいのですが、安値の

市販化粧品類では、ケアをした瞬間は

効果があるかもしれません。

 

 

しかし、使用されている成分が強すぎたり

添加物など入っている恐れがあります。

 

 

だから、値段は高く感じるかもしれませんが

安全に安心できる成分が入った化粧品を

使用する事をおすすめします。

 

 

そして、体の内側から働きかけるために

ビタミンB群の含まれている食材を

摂取します。

 

 

ビタミンB群は脂肪の代謝に

欠かせないもので、不足すると毛穴から

余分な脂肪を排出しようとします。

 

 

しっかりとビタミンB群を摂ることで

皮脂の分泌が抑えられます。

 

 

ビタミンB群の食材としては、例えば、

レバーやマグロ、うなぎ、玄米、野菜、

まぐろなどがあります。