脂性肌の男性にはあぶらとり紙はよくないの

でしょうか?

 

 

脂性肌の男性ならではの悩みとして、顔のテカリや

ニキビが出来やすいなどの悩みがありますよね。

 

 

 

顔がテカっていると、女性から見て脂ぎった

男性という、あまりよくない印象を与えてしまいますし、

ニキビが多いと目立つだけではなく、治療後の

色素沈着が出来やすいという問題も抱えることに

なります。

 

 

 

過剰な皮脂を取り除くために、あぶらとり紙を

愛用している男性も多いのではないでしょうか。

 

 

 

手軽にテカリ対策ができるあぶらとり紙ですが、

使いすぎるとよくないと言われています。

 

 

 

その理由は、あぶらとり紙が必要な皮脂まで

取ってしまうからです。

 

 

 

皮脂がたくさん分泌している顔は触ると

ぬるぬるしますし、時間が経つと参加するので

肌にもよくないという理由で、あぶらとり紙で

何回も顔をふき取る人がいます。

 

 

 

これが却って肌に負担を与えることになるので、

よくないのです。

 

 

 

皮脂はセラミドなどと並んで、人体が作り出す

天然の保湿成分です。

 

 

 

肌を乾燥や刺激から守るバリア機能が正常に

働くために欠かせない存在です。

 

 

 

顔のテカリケアの為に使ったあぶらとり紙の

せいで、これらが正常に機能しなくなると、

肌トラブルの原因になってしまいますよね。

 

 

 

もしあぶらとり紙を使いたい場合は、脂性肌の

男性なら一日に一回か二回だけで充分です。

 

 

 

あぶらとり紙を強く肌に押し当てるのは、

逆効果でよくないので注意しましょう。

 

 

 

優しくソフトに押し当てるようにして

くださいね。

 

 

 

ちなみに自分は脂性肌だと思っている

男性のうち、多くの男性は本当の脂性肌ではなく、

実は肌の内側が乾燥しているインナードライ肌

だと言われています。

 

 

 

肌を乾燥から守る為に、身体が皮脂を

頑張って出しているという、とてもよくない

状態なのです。

 

 

 

このインナードライ肌の問題を解決することが

出来たなら、皮脂の過剰分泌も減るので、

あぶらとり紙に頼る必要もなくなります。

 

 

 

インナードライ肌の対策としては、とにかく

保湿を徹底して行うことです。

 

 

 

肌馴染みのいいセラミド入りの男性向け

化粧水や、油分の少ないクリームを

使いましょう。

 

 

 

水分が逃げないように蓋をするワセリン系の

化粧品はよくないので、避けた方が無難です。